國學院大学北海道短期大学部國學院大学北海道短期大学部

國學院大学北海道短期大学部 財務情報

資金収支計算書

資金収支計算書は、当該会計年度中の全ての収入および支出の内容と資金の顛末を明らかにするものです。
収入には借入金収入などの負債となる収入なども含まれ、また支出には経費のほか資産を形成する資本的支出および借入金返済支出なども含まれています。従って資金収支計算書には、当該期間中の資金取引が全て網羅されております。

事業活動収支計算書

事業活動収支計算書は、当該会計年度中の事業活動収入および事業活動支出の内容を明らかにし、収支の均衡状態が保たれているか否かを計算、表示するものです。

令和元年度決算概要・令和2年度予算概要

令和元年度決算

令和元年度学校法人國學院大學(短大部決算を含む)の決算は、監事および監査法人の監査を経て、5月29日に開催された第一回理事会で承認、同日開催の第1回評議員会に報告、了承されましたので、短大部決算について別表を基にご説明します。

資金収支計算書

《収入の部》

当年度収入合計の決算額は9億2700万円で、これに前年度繰越支払資金9億9200万円を加えますと、収入の部合計は19億1900万円でした。

  • ◆学生生徒等納付金収入=4億6400万円
    予算に対して、授業料収入などで1200万円ほどの増収となりました。
  • ◆補助金収入=7900万円
    文部科学省、日本私立学校振興・共済事業団などから経常費補助金で、予算に対して200万円の減収となりました。
  • ◆前受金収入=2億1700万円
    令和3年度の学生生徒等納付金収入が予算に対して、2600万円ほど増収となりました。

《支出の部》

当年度支出合計の決算額は、7億7500万円で、これを収入の部から差し引きますと次年度繰越支払資金は11億4400万円でした。

  • ◆人件費支出=2億8700万円
    教員人件費支出が2億300万円、職員人件費支出が8400万円で予算に対して2300万円ほど下回りました。
  • ◆教育研究経費支出=1億4300万円
    教育研究に要する経費で消耗品費支出・光熱水費支出・旅費交通費支出・奨学費支出・図書資料支出・印刷製本費支出・補助費支出・委託費支出などがあります。主には、委託費支出の3500万円、奨学費支出の2800万円、旅費交通費支出の1800万円、光熱水費支出の1400万円などが支出されております。
  • ◆管理経費支出=6200万円
    教育研究以外の管理・運営等要する経費です。主には、印刷製本費支出の700万円、旅費交通費支出の500万円、広告費支出の1700万円、公租公課支出の400万円、委託費支出の600万円などが計上されています。
  • ◆借入金等返済支出=1億500万円
    市中金融機関からの借入金の返済や運転資金の借換に伴う支出を計上しております。借入金等収入と加減いたしますと、借入金は実質1000万円減少することになります。
  • ◆施設関係支出=3100万円
    建物支出で3100万円などが計上されています。

令和元年度 資金収支計算書

資金収支計算書

当年度収支差額は1億1800万円の収入超過額となりました。
前年度繰越支出超過額から当年度収入超過額を減算しますと、翌年度へ繰越される支出超過額は4億9000万円となりました。
当年度収支差額は予算で400万円の収入減額を見込んでおりましたが、1億2100万円増収となり、事業活動支出計は予算に比して人件費2300万円減、教育研究経費(減価償却額含む)4000万円減、管理経費2100万円減、予備費1000万円減で、事業活動支出計は8900万円の減額となり、当年度収入超過額は予算に比して1億1800万円の増額となりました。

令和元年度 事業活動収支計算書

令和2年度 予算

令和2年度学校法人國學院大學予算は、令和2年3月27日開催の理事会・評議員会で承認、成立しました。

令和2年度 資金収支予算書

令和2年度 事業活動収支予算書

平成30年度決算概要・令和元年度予算概要

平成30年度決算

当年度収入合計の決算額は9億8100万円で、これに前年度繰越支払資金9億500万円を加えますと、収入の部合計は18億8700万円でした。

資金収支計算書

《収入の部》

当年度収入合計の決算額は9億8100万円で、これに前年度繰越支払資金9億500万円を加えますと、収入の部合計は18億8700万円でした。

  • ◆学生生徒等納付金収入=5億1400万円
    予算に対して、授業料収入などで200万円ほどの増収となりました。
  • ◆補助金収入=9300万円
    文部科学省、日本私立学校振興・共済事業団などから経常費補助金で、予算に対して290万円の増収となりました。
  • ◆前受金収入=1億7700万円
    平成29年度の学生生徒等納付金収入が予算に対して、2300万円ほど増収となりました。

《支出の部》

当年度支出合計の決算額は、8億9500万円で、これを収入の部から差し引きますと次年度繰越支払資金は9億9200万円でした。

  • ◆人件費支出=3億4000万円
    教員人件費支出が2億2000万円、職員人件費支出が8200万円で予算に対して900万円ほど下回りました。
  • ◆教育研究経費支出=1億9600万円
    教育研究に要する経費で消耗品費支出・光熱水費支出・旅費交通費支出・奨学費支出・図書資料支出・印刷製本費支出・補助費支出・委託費支出などがあります。主には、委託費支出の3300万円、奨学費支出の4000万円、旅費交通費支出の1900万円、光熱水費支出の1300万円などが支出されております。
  • ◆管理経費支出=4700万円
    教育研究以外の管理・運営等要する経費です。主には、印刷製本費支出の600万円、旅費交通費支出の500万円、広告費支出の1200万円、公租公課支出の400万円、委託費支出の600万円などが計上されています。
  • ◆借入金等返済支出=1億1500万円
    市中金融機関からの借入金の返済や運転資金の借換に伴う支出を計上しております。借入金等収入と加減いたしますと、借入金は実質1000万円減少することになります。
  • ◆設備関係支出=1900万円
    教育研究用機器備品支出1800万円、図書支出等で100万円などが計上されています。

平成30年度 資金収支計算書

資金収支計算書

当年度収支差額は1億1500万円の収入超過額となりました。
前年度繰越支出超過額から当年度収入超過額を減算しますと、翌年度へ繰越される支出超過額は6億800万円となりました。
当年度収支差額は予算で1800万円の収入超過額を見込んでおりましたが、9700万円増収となり、事業活動支出計は予算に比して人件費900万円減、教育研究経費(減価償却額含む)4700万円減、管理経費1200万円減、予備費1000万円減で、事業活動支出計は7800万円の減額となり、当年度収入超過額は予算に比して9700万円の増額となりました。

平成30年度 事業活動収支計算書

令和元年度 予算

令和元年度学校法人國學院大學予算は、平成31年3月27日開催の理事会・評議員会で承認、成立しました。

令和元年度 資金収支予算書

令和元年度 事業活動収支予算書

平成29年度決算概要・平成30年度予算概要

平成29年度決算

平成29年度学校法人國學院大學(短大部決算を含む)の決算は、監事および監査法人の監査を経て、5月29日に開催された第一回理事会で承認、同日開催の第1回評議員会に報告、了承されましたので、短大部決算について別表を基にご説明します。

資金収支計算書

《収入の部》

当年度収入合計の決算額は9億6200万円で、これに前年度繰越支払資金9億700万円を加えますと、収入の部合計は18億6900万円でした。

  • ◆学生生徒等納付金収入=4億8100万円
    予算に対して、授業料収入などで400万円ほどの増収となりました。
  • ◆補助金収入=1億1500万円
    文部科学省、日本私立学校振興・共済事業団などから経常費補助金で、予算に対して1100万円の増収となりました。
  • ◆前受金収入=1億9700万円
    平成28年度の学生生徒等納付金収入が予算に対して、4100万円ほど増収となりました。

《支出の部》

当年度支出合計の決算額は、9億6400万円で、これを収入の部から差し引きますと次年度繰越支払資金は9億500万円でした。

  • ◆人件費支出=3億5000万円
    教員人件費支出が2億1500万円、職員人件費支出が8400万円で予算に対して500万円ほど下回りました。
  • ◆教育研究経費支出=1億9500万円
    教育研究に要する経費で消耗品費支出・光熱水費支出・旅費交通費支出・奨学費支出・図書資料支出・印刷製本費支出・補助費支出・委託費支出などがあります。主には、委託費支出の3200万円、奨学費支出の5100万円、旅費交通費支出の1800万円、光熱水費支出の1400万円などが支出されております。
  • ◆管理経費支出=4800万円
    教育研究以外の管理・運営等要する経費です。主には、印刷製本費支出の800万円、旅費交通費支出の600万円、広告費支出の1000万円、公租公課支出の500万円、委託費支出の600万円などが計上されています。
  • ◆借入金等返済支出=1億2500万円
    市中金融機関からの借入金の返済や運転資金の借換に伴う支出を計上しております。借入金等収入と加減いたしますと、借入金は実質1000万円減少することになります。
  • ◆設備関係支出=300万円
    教育研究用機器備品支出100万円、図書支出等で100万円などが計上されています。

平成29年度 資金収支計算書

資金収支計算書

当年度収支差額は1億300万円の収入超過額となりました。
前年度繰越支出超過額から当年度収入超過額を減算しますと、翌年度へ繰越される支出超過額は7億2,200万円となりました。
当年度収支差額は予算で3,300万円の収入超過額を見込んでおりましたが、7,000万円増収となり、事業活動支出計は予算に比して人件費400万円減、教育研究経費(減価償却額含む)2,100万円減、管理経費1100万円減、予備費1,000万円減で、事業活動支出計は4,700万円の減額となり、当年度収入超過額は予算に比して7,000万円の増額となりました。

平成29年度 事業活動収支計算書

平成30年度 予算

平成30年度学校法人國學院大學予算は、平成30年3月28日開催の理事会・評議員会で承認、成立しました。

平成30年度 資金収支予算書

平成30年度 事業活動収支予算書

平成28年度決算概要・平成29年度予算概要

平成28年度決算

平成28年度学校法人國學院大學(短大部決算を含む)の決算は、監事および監査法人の監査を経て、5月30日に開催された第一回理事会で承認、同日開催の第1回評議員会に報告、了承されましたので、短大部決算について別表を基にご説明します。

資金収支計算書

《収入の部》

当年度収入合計の決算額は8億5700万円で、これに前年度繰越支払資金7億9400万円を加えますと、収入の部合計は16億5100万円でした。

  • ◆学生生徒等納付金収入=3億8600万円
    予算に対して、授業料収入などで600万円ほどの増収となりました。
  • ◆補助金収入=1億1300万円
    文部科学省、日本私立学校振興・共済事業団などから経常費補助金で、予算に対して2800万円の増収となりました。
  • ◆前受金収入=2億2700万円
    平成28年度の学生生徒等納付金収入が予算に対して、8300万円ほど増収となりました。

《支出の部》

当年度支出合計の決算額は、7億4400万円で、これを収入の部から差し引きますと次年度繰越支払資金は9億700万円でした。

  • ◆人件費支出=3億800万円
    教員人件費支出が2億100万円、職員人件費支出が8100万円で予算に対して600万円ほど下回りました。
  • ◆教育研究経費支出=1億4300万円
    教育研究に要する経費で消耗品費支出・光熱水費支出・旅費交通費支出・奨学費支出・図書資料支出・印刷製本費支出・補助費支出・委託費支出などがあります。主には、委託費支出の3500万円、奨学費支出の4700万円、旅費交通費支出の1700万円、光熱水費支出の1100万円などが支出されております。
  • ◆管理経費支出=4500万円
    教育研究以外の管理・運営等要する経費です。主には、印刷製本費支出の800万円、旅費交通費支出の700万円、広告費支出の900万円、公租公課支出の500万円、委託費支出の500万円などが計上されています。
  • ◆借入金等返済支出=1億3500万円
    市中金融機関からの借入金の返済や運転資金の借換に伴う支出を計上しております。借入金等収入と加減いたしますと、借入金は実質1000万円減少することになります。
  • ◆設備関係支出=400万円
    教育研究用機器備品支出200万円、図書支出等で100万円などが計上されています。

平成28年度 資金収支計算書

資金収支計算書

当年度収支差額は8,600万円の収入超過額となりました。
前年度繰越支出超過額から当年度収入超過額を減算しますと、翌年度へ繰越される支出超過額は8億3,600万円となりました。
当年度収支差額は予算で1,300万円の収入超過額を見込んでおりましたが、8,600万円増収となり、事業活動支出計は予算に比して人件費600万円減、教育研究経費(減価償却額含む)1,300万円減、管理経費100万円減、予備費1,000万円減で、事業活動支出計は3,100万円の減額となり、当年度収入超過額は予算に比して7,300万円の増額となりました。

平成28年度 事業活動収支計算書

平成29年度 予算

平成29年度学校法人國學院大學予算は、平成29年3月23日開催の理事会・評議員会で承認、成立しました。

平成29年度 資金収支予算書

平成29年度 事業活動収支予算書

平成27年度決算概要・平成28年度予算概要

平成27年度決算

平成27年度学校法人國學院大學(短大部決算を含む)の決算は、監事および監査法人の監査を経て、5月30日に開催された第一回理事会で承認、同日開催の第1回評議員会に報告、了承されましたので、短大部決算について別表を基にご説明します

資金収支計算書

《収入の部》

当年度収入合計の決算額は7億5700万円で、これに前年度繰越支払資金7億8000万円を加えますと、収入の部合計は15億3700万円でした。

  • ◆学生生徒等納付金収入=3億5200万円
    予算に対して、授業料収入などで1000万円ほどの増収となりました。
  • ◆補助金収入=8500万円
    文部科学省、日本私立学校振興・共済事業団などから経常費補助金で、予算に対して1400万円の増収となりました。
  • ◆前受金収入=1億7700万円
    平成27年度の学生生徒等納付金収入が予算に対して、3300万円ほど増収となりました。

《支出の部》

当年度支出合計の決算額は、7億4300万円で、これを収入の部から差し引きますと次年度繰越支払資金は7億9400万円でした。

  • ◆人件費支出=3億1700万円
    教員人件費支出が2億400万円、職員人件費支出が8400万円で予算に対して200万円ほど下回りました。
  • ◆教育研究経費支出=1億5500万円
    教育研究に要する経費で消耗品費支出・光熱水費支出・旅費交通費支出・奨学費支出・図書資料支出・印刷製本費支出・補助費支出・委託費支出などがあります。主には、委託費支出の3200万円、奨学費支出の3500万円、旅費交通費支出の1600万円、光熱水費支出の1000万円などが支出されております。
  • ◆管理経費支出=4400万円
    教育研究以外の管理・運営等要する経費です。主には、印刷製本費支出の1000万円、旅費交通費支出の500万円、広告費支出の800万円、公租公課支出の500万円、委託費支出の400万円などが計上されています。
  • ◆借入金等返済支出=1億4500万円
    市中金融機関からの借入金の返済や運転資金の借換に伴う支出を計上しております。借入金等収入と加減いたしますと、借入金は実質1000万円減少することになります。
  • ◆設備関係支出=400万円
    教育研究用機器備品支出100万円、図書支出等で200万円などが計上されています。

平成27年度 資金収支計算書

資金収支計算書

当年度収支差額は3,200万円の収入超過額となりました。
前年度繰越支出超過額から当年度収入超過額を減算しますと、翌年度へ繰越される支出超過額は9億2,200万円となりました。
当年度収支差額は予算で3,600万円の支出超過額を見込んでおりましたが、3,200万円増収となり、事業活動支出計は予算に比して人件費200万円減、教育研究経費(減価償却額含む)1,500万円減、管理経費1,100万円減、予備費1,000万円減で、事業活動支出計は3,800万円の減額となり、当年度収入超過額は予算に比して6,800万円の増額となりました。

平成27年度 事業活動収支計算書

平成28年度 予算

平成28年度学校法人國學院大學予算は、平成28年3月23日開催の理事会・評議員会で承認、成立しました。

平成28年度 資金収支予算書

平成28年度 事業活動収支予算書

※財務の詳細な情報につきましては、事業報告書をご参照ください。

貸借対照表法人全体[財務情報(学校法人國學院大學)参照]

#