國學院大学北海道短期大学部國學院大学北海道短期大学部

國學院大学北海道短期大学部
学長
平野 泰樹

2019年4月
國學院大学北海道短期大学部、学長就任

國學院⼤學北海道短期⼤学部はあなたの未来の扉を開く学び舎

 國學院大學は、明治15年(1882年)に創設された皇典講究所に始まる、日本で最も古い私立大学の一つです。「國學院」の名称は古く、明治23年(1890年)に皇典講究所に設置された国史、国文、国法を攻究する学校「國學院」に由来します。国の根本に関わる学問を攻究する「國學院」は、明治39年(1906年)に私立國學院大學、大正8年(1919年)に國學院大學と改称し、大正9年(1920年)には大学令による大学に昇格して、今日の國學院大學へと発展しています。

 学校法人國學院大學は、滝川市を中心とする地域の熱い要望に応え、創立100周年を記念して昭和57年(1982年)に國學院女子短期大学を設立しました。それが現在の國學院大學北海道短期大学部です(平成21年<2009年>に改称)。國學院大學の一教育部門となったことで、本学は地域立大学として地域との連携をさらに深め、また教育研究においても國學院大學が推進する21世紀研究教育計画(第4次)を実行し着実に成果を上げています。

 本学に集う学生は、北海道から沖縄までその出身地は多様です。その意味で、本学は多様な地域文化の交流の場となっています。卒業後の進路では、就職のみならず、國學院大學全学部への多くの編入学(推薦枠185人)を実現しています。また、教員(幼稚園・小学校・中学校・高等学校教諭)となった卒業生も多く、教員養成にも力を入れています。近年、本学への受験生が大幅に増えているのは、國學院大學と一体化したことによるこうした教育成果が高く評価されているからにほかなりません。

 10代の多くの若者は人生の迷い人です。人生をどう生きればいいのか常に自問しています。國學院大學北海道短期大学部は、未来の扉を開く学び舎として、真摯に自分を見つめ自分の将来を考えようとしているあなたを待っています。

#