國學院大學入学ガイドH31
36/68

35 Guide book「実体験」学習で実践力を磨く幼児・児童教育学科児童教育コース編入学で中・高校と多様な免許取得が可能実験や野外での体験的学習が豊富指導教員のきめ細かな個別指導課題に対して自ら考え、行動できる人材を育成 社会構造が複雑になり教育現場も変化が著しい現代では、新任の教師にも即戦力となるような力量が求められています。児童教育コースでは、そうした背景をふまえ、実践的な力をつけながら企画力、指導力、問題解決能力などを兼ね備えて活躍できる人材の育成に力を注いでいます。 『自ら学ぶ』を基本に、学生自身が課題を持って考え、行動し、意見交換し、改善していくというアクティブ・ラーニングに取り組み、教育現場において最も重要となる実践力を磨いていきます。少人数のグループ制だからこそのきめ細かな学び 児童教育コースでは、8〜10人をひとつのグループとし、それぞれを指導教員が担当するというグループ制を採用。一人ひとりの進路に添った科目履修や自己学習のアドバイス、教員採用試験対策など、細やかな指導を行っています。 模擬授業やゼミナールなどでは、必ず1人1回以上の発表の場が設けられます。これは、教員と学生との距離が近い少人数制ならではの最大のメリットです。本学での2年間の学びによって1人ひとりの能力が最大限に引き出され、教員採用試験の現役合格者も輩出しています。 また、國學院大學への編入学希望者には、将来的に専門とする担当科目を話し合い、教育相談や自主ゼミの開設なども行っています。大学の周辺環境を最大限に生かした「実体験」学習 稲作体験やカヌー体験、地域ボランティアなど、北海道滝川市という豊かな自然に囲まれた大学周辺環境を最大限に生かした取り組みも本コースの魅力です。 教材園での植物の栽培や地元農家の協力のもと実際に稲を育て、収穫して食べるという流れを体験。その苦労や楽しさを実体験によって伝えられる力は、都会では決して身に付けられないものです。 また、そらぷちキッズキャンプなどへのボランティア参加のほか、放課後の市内小学校での学習指導、夏休みの近隣小学校で行われる宿泊学習での指導サポートなど、地域と連携した活動を通して子供たちとのふれあいなど、体験によって学ぶ機会を多く設けています。平成29年度 教員採用試験、1次試験合格者31名!さらに編入学で中・高校の免許取得も可能に 本コースでは、「小学校教諭二種免許」「幼稚園教諭二種免許」の資格取得ができます。小学校と幼稚園の教諭免許を合わせてとることで、幼児期の行動や発達を理解した上で小学校での学習に反映させられるなど、視野の広い指導力を身に付けられるメリットがあります。 また、近年、文部科学省では小学校と中学校の9カ年を一貫教育として捉えることを提唱しています。國學院大學の文学部、人間開発学部への編入によって「小学校教諭一種免許」や「中学校教諭一種免許(国語・英語・社会)」「高校教諭一種免許(国語・書道・英語・地歴・公民)」などの取得も可能となり、幼稚園から高校までの幅広い教育現場で活躍できる道が開けます。    教育への取組み幼児・児童教育学科では、自らの資質・能力の向上を求めるとともに、教育・保育者になることに強い志を持ち、地域社会への貢献に対して強い意欲を持つ人材を求めている。    Admission Policy(アドミッションポリシー)    入学者の受け入れ方針 児童教育コースでは、教師を目指す強い意志と熱意をもち、教師としての知識や技能を学習成果として着実に身につけることができる人材を求めている。よって、以下の観点から入学者の選考を行う。1.高等学校で習得する基礎的な学力を身につけている人。2.児童教育について強い関心を持ち、教育における課題について深く考えることができる人。3.豊かな表現力やコミュニケーション力を身につけている人。4.思いやりがあり、子どもとの触れ合いを大切にし、地域社会に貢献しようとする意欲のある人。5.心身ともに健康で、柔軟性や協調性をもち主体的・協働的に課題解決に取り組むことができる人。

元のページ  ../index.html#36

このブックを見る