最新ニュース
トップページ > 最新ニュース
+検索

+最近のエントリー
+アーカイブ
+カテゴリー

学科一覧

  • 国文学科
  • 総合教養学科
  • 幼児・児童教育学科 児童保育コース
  • 幼児・児童教育学科 福祉介護コース
  • 幼児・児童教育学科 児童教育コース
  • 専攻科福祉専攻

國學院大學北海道短期大学部携帯サイト

右のQRコード
から携帯サイト
へアクセス!

國學院大學北海道短期大学部

●入試広報室 入学係

〒073-0014
北海道滝川市文京町3丁目1-1
TEL.0125-23-4111
FAX.0125-23-5590

今週の行事【4月25日(月)〜5月1日(日)】と今後の行事について

16年04月25日(月) :

今週の行事(毎週月曜日更新)
○開催中【28日(木)迄】
 ・100円朝食

○4月26日(火)
 ・進学相談会(中標津・新さっぽろ)

○4月27日(水)
 ・進学相談会(釧路)

○4月28日(木)
 ・進学相談会(帯広)

○4月29日(金)
 ・昭和の日(授業あり)
 ・図書館開館
  《時間》9:00〜16:30


今後の行事
○5月3日(火)【5日(木)迄】
 ・全館閉鎖

○5月6日(金)【20日(金)迄】
 ・オープンカレッジ受付

○5月7日(土)
 ・パークゴルフオープン大会

○5月8日(日)
 ・野外研修(史学演習1A(導入)受講者)

○5月10日(火)
 ・進学相談会(旭川)

○5月13日(金)
 ・進学相談会(札幌)

○5月24日(火)
 ・進学相談会(北見)

○5月25日(水)
 ・進学相談会(釧路)

○5月27日(金)
 ・進学相談会(札幌)

○5月28日(土)
 ・オープンキャンパス

平成28年度オープンカレッジのご案内

16年04月23日(土) :

 平成28年度オープンカレッジの申込受付が5月6日(金)から始まります。
 今年度は「あなたの想いを短歌に」など、お馴染みの講座のほか、新講座として「『魯西亜国漂流記』を読む-國學院古文書教室-」「茶道-日本の文化を楽しむ- 茶道初級編」が開講予定です。
 また、今年度より、一部講座についてはA・Bに分けて、受講しやすいようになりました。
 詳しくは「オープンカレッジ」ページをご覧ください。(下記リンクから飛ぶことができます)
 
地域のみなさまへ(オープンカレッジ)

【パンフレット/PDF】
opencollege28_omote.png


opencollege28_ura.png

今週の行事【4月18日(月)〜24日(日)】と今後の行事について

16年04月18日(月) :

今週の行事(毎週月曜日更新)
○開催中【28日(木)迄】
 ・100円朝食

○4月19日(火)
 ・進学相談会(北見)

○4月20日(水)
 ・健康診断(1年)
 ・宿泊研修(1年)【21日(木)迄】
 ・進学相談会(旭川)

○4月21日(木)
 ・健康診断(2年)
 ・履修届提出日(2年)

○4月22日(金)
 ・履修届提出日(1年)

○4月23日(土)
 ・子育てサロン「ありす」
  《場所》本学2階プレイルーム 《時間》10:00〜12:00
 ・ミニオープンキャンパス
  《場所》本学205教室 《時間》10:00〜



今後の行事
○4月26日(火)
 ・進学相談会(中標津・新さっぽろ)

○4月27日(水)
 ・進学相談会(釧路)

○4月28日(木)
 ・進学相談会(帯広)

○4月29日(金)
 ・昭和の日(授業あり)
 ・図書館開館
  《時間》9:00〜16:30

今週の行事【4月11日(月)〜17日(日)】と今後の行事について

16年04月11日(月) :

今週の行事(毎週月曜日更新)
○4月11日(月)【28日(木)迄】
 ・学食営業開始
 ・100円朝食

○4月13日(水)
 ・前期授業開始

○4月14日(木)
 ・進学相談会(函館)



今後の行事
○4月19日(火)
 ・進学相談会(北見)

○4月20日(水)
 ・健康診断(1年)
 ・宿泊研修(1年)【21日(木)迄】
 ・進学相談会(旭川)

○4月21日(木)
 ・健康診断(2年)
 ・履修届提出日(2年)

○4月22日(金)
 ・履修届提出日(1年)

○4月23日(土)
 ・子育てサロン「ありす」
  《場所》本学2階プレイルーム 《時間》10:00〜12:00

○4月26日(火)
 ・進学相談会(中標津・新さっぽろ)

○4月27日(水)
 ・進学相談会(釧路)

○4月28日(木)
 ・進学相談会(帯広)

○4月29日(金)
 ・昭和の日(授業あり)

平成28年度第35回入学式を挙行いたしました(学長式辞)

16年04月11日(月) :

 4月10日(日)、平成28年度第35回入学式を挙行いたしました。
 国文学科67名、総合教養学科81名、幼児・児童教育学科57名の本科生合計205名と専攻
科福祉専攻4名の総数209名が入学しました。
 式典の中で、学長は次のように式辞を述べました。

__.___.__._.__._._.___.____.__.___.__.____.__.___.___.__.___.___.___.____.__.__.___.__.__.__.__.___.___.__._.__._._.___.____.__.___.__.____.__.___.___.___.___.

平成28年度入学式式辞(要約)


今、この時を大切にする

 このたび入学された学生諸君、ご家族の皆様、誠におめでとうございます。
 数ある学校の中から、日本の心を大切にする本学の理念と教育とに信頼をお寄せいただい
たことに感謝申し上げます。


國學院大學と北海道短期大学部のめざすもの

 國學院大學は、日本で最初に出来た私立大学八校の中の一校です。
 明治維新の際、我が国は、世界の先進国に追いつこうと欧米の思想・文化・社会制度の導入
を急ぎました。そのことによって、日本の古来からの良き思想・文物を顧みないという風潮が出
てきました。
 我が国の発展を期するためには、単に欧米の模倣ではなく、我が国固有の歴史、民族性に
基づくものでなければならないという機運が興り、國學院大學の前身である「皇典講究所」が創
立されました。明治十五年のことです。
 開校式の当日、初代の総裁、有栖川宮幟仁(たかひと)親王は、皇典講究所の設置の目的を
述べられました。
 「凡ソ学問ノ道は、本ヲ立ツルヨリ大ナルハ莫(な)し。故ニ國體ヲ講明シテ以ッテ立国ノ基礎
ヲ鞏(かた)クシ、特性ヲ涵養シテ以ッテ人生ノ本分ヲ尽クスハ、百世易(か)ウベカラザル典則ナ
リ」
 (総じて、学問の道は、根本をたてることが最も重要である。従って、国柄を明らかにすること
によって日本の国の基礎を固め、道徳的素質を養うことによって人生の本分を尽くすことは、い
つの世でも変わらない法則である)
 「国柄を明らかにする」「道徳的素質を養う」この二つが、國學院大學を設置した基本であり、
「建学の精神」と呼ばれるものです。
 「日本とは何か」「日本の文化とは何か」を学び、「いかに振る舞うべきか」を習得することは、
諸君が世界に羽ばたき、長い人生を価値あるものとして生き抜く基本だと考えます。
 この建学の精神を簡明に表現したのが校歌です。
 校名になっている「國學」からは、一見、古めかしい印象を持たれるかもしれません。國學院
大學教授であった日本民俗学の創始者柳田國男は、「民俗学とはどのような学問か」と問われ
て、こう答えています。「かつてこの国土に生まれた者、現にこの国土に生活しているもの、さ
らに将来この国土に生まれる者のための学問である」と。国学という学問やコトバも同様に、
過去と現在と未来にわたるダイナミズムを有するものです。それは、日本人が古から大切にし
てきた精神なのです。
 このような國學院大學の建学の精神は、本短期大学部の人間教育・学問研究を特色づける
ものです。

 私は、諸君に次の四点について期待を寄せています。

第一の期待「誇りを持って学ぶ」

 第一は、「誇りをもって学ぶ」ということです。私たちの国「日本」は、建国以来2676年を迎える、
世界の中で一つの国の形として最も長い歴史を持つ国家です。その国に生まれ、その国に生き
ている誇りを持ってほしい。
 國學院大學は日本で最も長い歴史を持つ私学であり、かつ、本学は、大学・短期大学の設置
が厳しく制限されていた時期に、国が特別の必要性を認めて開学した唯一の法人直系の短期
大学です。そのことを誇りとしてほしい。
 また、諸君一人ひとりは世界でたった一人の存在です。世界でたった一人ゆえに大切な存在
であり、他の人もまた同様に尊厳ある存在です。この大宇宙にたった一人の存在である自分に
誇りを持ってほしい。
 短期大学部での限られた二年間、「三つの誇り」を土台として自分を磨いてほしいと期待して
います。

第二の期待「今、この時を大切にする」

 第二に、「今、この時をたいせつにする」ということです。
 古典三大随筆の一つといわれる『徒然草』に、「人生は長いからとのんびりせずに、第一はこ
れだと定めて、そのひと事に全力を集中しなければ、何一つ成就できずに年老いてしまう」と書
かれています。
 国学の大成者である本居宣長も国学の入門書『うひ山ぶみ』に、「勉強というものは才能の有
無でも暇のあるなしでもない。いかに学問と向き合って努力するか、その姿勢によるのだ」と書
き記しています。先人たちは、何百年も前から、私たちにそう教えてきたのです。
 詩人「坂村真民」さんの「今」という詩をご紹介しましょう。
 「大切なのは、かつてでもなく、これからでもなく、一呼吸、一呼吸の今である」
 たったこれだけの短い詩です。この詩には、「過去・現在・未来と続く悠久の歴史の中で、今、
この時を大切に生きる」という考え方、日本人が古くから大切にしてきた「中今(なかいま)」の
思想が実に端的に示されています。
 思想家・岡倉天心は、「芸術においては現在が永遠である」と語り、哲学者・九鬼周造は、「西
洋において『時間』は直線において認識され、東洋では円において具象される」と示しています。
 過去を大切にするのも理解できます。未来に望みをかけるのも大切なことです。しかし、日本
人は、何よりも現在の一瞬一瞬が最も大切だと昔から考えてきたわけです。
 大切なのは、「一呼吸、一呼吸の今」であり、現在は円転する輪の中で永遠なのです。
 若し、諸君が、十年後、二十年後の自分を見たければ、現在の自分を見れば凡その見当が
つくと考えます。
 この節目にあたって、誇りを持って、「今、この時を大切に」生きて欲しいのです。


第三の期待「実社会が求める教養と資格」

 第三は、「実社会が求める教養と資格」についてです。
 「知識」を「知恵」として生かせるのが「教養」だといわれます。その教養を高めてほしい。
 諸君は、今年から民主主義制度の基盤である国民が政治に参加する権利―参政権を持つ
ことになります。本学において知識を高めるのみではなく、地域の一員として、社会との接点を
持ち、地域の抱える課題を知り、共に知恵を出し汗を流すことは、諸君が社会に出たときに得
難い財産―教養を高めることとなります。
 人生は筋書きのないドラマです。岐路に立った時の大切な判断の核心は、専門的な知識とス
キルです。可能な限り「資格」を取ることを自らへの命題としてください。
 本短期大学部には、充実した教養教育と専門的な知識・技術の双方を高い水準で受けること
ができるという特色があります。自らの人生を設計しシナリオを描く基礎をシッカリと身につけ、
社会で活躍する準備をして欲しいのです。


第四の期待「学校を使いこなす」

 第四に、「学校を使いこなす」ことを心がけてください。二年間という時間は実に短い。自分を見
失わずに励むために、学校を使いこなしてください。
 大学や短大は、実社会と同様に、自己決定・自己責任が基本にあります。諸君が目指す道に必
要な学問を自らが選択して学ぶ、つまり、自立性が問われます。この点が、これまで慣れ親しんで
きた高等学校までの勉強と最も違うところです。教員・職員をはじめ、地域の財産を十分使いこな
すことが大切です。
 教職員誰もが親身になって相談に応じます。本学は、地域に支えられながら共に「地域立大学」
としての伝統を大切にしてきました。地域の皆様は、諸君の有力な応援団です。
 家主会の皆様も「北海道のおやじ・おふくろ」として良く相談に乗って下さいます。
 諸君の強い思いと積極的な行動が価値ある学園ライフを形づくってゆきます。そのために学校を
十分に使いこなしてください。


自らの能力を信じて励む

 國學院大學三年次に編入を目指す諸君は、常に目標を確認して励んでください。國學院大學は
難関大学の一つです。簡単に編入できるわけではありません。先輩たちは寝食を忘れるほどに勉
強して、毎年高い編入率を達成してきたのです。
 就職する諸君には、残された時間が二年間あるわけではありません。二年生になると、もう就活
が始まります。
 私たちには、与えられた使命があります。理想と希望とを高く掲げて、自らが定めた目標に向っ
て、今この時こそ目指す道を着実に歩んで行きましょう。本来の自分を見失わないことが大切です。
 人間には、誰にも簡単にできることに喜びを感じない、苦しいことや難しいことに面白さや尊さ、喜
びを感ずる素晴らしい能力があるのです。
 自らの能力を信じて、好きなこと、夢中になれることを見つけて、そのことを天職として生きていけ
るとすると、そんなに素晴らしい人生はありません。


キャンパスライフをご家族で楽しむ

 ご家族の皆様に申し上げます。勉学のキャンパスは、この学校のエリアを越えて大きく広がってい
ます。
 機会を得てご家族そろって足を運んでくださり、滝川市・中空知に広がるキャンパスライフを共に学
び、楽しんでいただければ喜びは何倍にもなるでしょう。

                       

國學院大學北海道短期大学部
                        学 長 田 村   弘

    
__.___.__._.__._._.___.____.__.___.__.____.__.___.___.__.___.___.___.____.__.__.___.__.__.__.__.___.___.__._.__._._.___.____.__.___.__.____.__.___.___.___.___.

 新入生代表誓詞は、石橋 沙耶花さん(国文学科)が述べました。
IMG_8650.JPG

IMG_8647.JPG

 式典終了後には、本学幼児・児童教育学科長の草薙 恵美子教授による記念講演会「子どもの
発達と成育環境」が行われました。
IMG_8656.JPG

子育てサロン「ありす」平成28年4月の予定

16年04月06日(水) :

子育て中のお父さん・お母さん、お子さんのための広場です。他の父母との情報交換をしたり、
子育て友だちを作ったりする場としてご利用下さい。

開催日:平成28年4月23日(土)
時間:10時〜12時(時間内の出入りは自由です)
対象者:おおむね0〜5歳未満の子どもとその家族
参加料:1家族 100円(保険料相当分)
あそびテーマ:親子のふれあい遊び
場所:國學院大學北海道短期大学部2階 プレイルーム
申込締切:開催日の前日15:00まで 先着30名

お申込・お問合せ:國學院大學北海道短期大学部コミュニティカレッジセンター
TEL 0125-23-4111(平日9:00〜17:00)

今後の予定など詳細はこちらをご覧ください。

『カレッジサポーター』新設

16年04月06日(水) :

 4月に入り、一気に雪解けが進んでいます。春らしい毎日です。

さて、新入生の皆さんは、初めての一人暮らしに保護者の皆さんも不安を
抱えていらっしゃるのではないかと思います。勿論、2年生や専攻科生も対象です。
 そこで、大学では『カレッジサポーター』による"よろず相談"を4月11日〜4月28日まで受付けします。
 詳しくは、各学科のオリエンテーションで発表します。




1.初めての一人暮らしでの不安や心配毎の相談を受け必要なアドバイスをする
2.履修の仕方、登録の相談を受け必要なアドバイスをする。(担当教員、職員への引継ぎ)
3.滝川市内の案内(買い物・病院など各施設)
4.その他

平成28年度入学式のご案内

16年04月05日(火) :

 平成28年4月10日(日)午前10時より、本学体育館にて「平成28年度本科・専攻科入学式」
を挙行いたします。
 また、本式典終了後には記念講演会を行います。

今週の行事【4月4日(月)〜10日(日)】と今後の行事について

16年04月04日(月) :

今週の行事(毎週月曜日更新)
○4月9日(土)【12日(火)迄】
 ・オリエンテーション

○4月10日(日)
 ・入学式
  《場所》本学体育館 《時間》10:00〜



今後の行事
○4月11日(月)【28日(木)迄】
 ・学食営業開始
 ・100円朝食

○4月13日(水)
 ・前期授業開始

○4月14日(木)
 ・進学相談会(函館)

○4月19日(火)
 ・進学相談会(北見)

○4月20日(水)
 ・健康診断(1年)
 ・宿泊研修(1年)【21日(木)迄】
 ・進学相談会(旭川)

○4月21日(木)
 ・健康診断(2年)
 ・履修届提出日(2年)

○4月22日(金)
 ・履修届提出日(1年)

○4月23日(土)
 ・子育てサロン「ありす」
  《場所》本学2階プレイルーム 《時間》10:00〜12:00

○4月26日(火)
 ・進学相談会(中標津・新さっぽろ)

○4月27日(水)
 ・進学相談会(釧路)

○4月28日(木)
 ・進学相談会(帯広)

○4月29日(金)
 ・昭和の日(授業あり)

スクールバスの運行時間のお知らせ

16年04月01日(金) :

 入学式・オリエンテーションの期間中は、特別運行時間で運行いたします。
 なお、通常授業日の運行は、通常運行時間のとおり運行いたします。
 詳しくはこちらをご覧下さい。