最新ニュース
トップページ > 最新ニュース
+検索

+最近のエントリー
+アーカイブ
+カテゴリー

学科一覧

  • 国文学科
  • 総合教養学科
  • 幼児・児童教育学科 児童保育コース
  • 幼児・児童教育学科 福祉介護コース
  • 幼児・児童教育学科 児童教育コース
  • 専攻科福祉専攻

國學院大學北海道短期大学部携帯サイト

右のQRコード
から携帯サイト
へアクセス!

國學院大學北海道短期大学部

●入試広報室 入学係

〒073-0014
北海道滝川市文京町3丁目1-1
TEL.0125-23-4111
FAX.0125-23-5590

« 来週の行事【3月20日(金)〜26日(木)】と今後の行事について | 最新ニュース トップ | 子育てサロン「ありす」平成27年4月の予定 »

平成26年度第32回卒業式を挙行いたしました(学長式辞)

15年03月20日(金) :

 3月19日(木)、平成26年度第32回卒業証書・修了証書授与式を挙行いたしました。
 国文学科51名、総合教養学科39名、幼児・児童教育学科58名の本科生合計148名と専攻科17名、総数165名
が学び舎を巣立ちました。
 式典の中で、学長は次のように式辞を述べました。
 

__.___.__._.__._._.___.____.__.___.__.____.__.___.___.__.___.___.___.____.__.__.___.__.__.__.__.___.___.__._.__._._.___.____.__.___.__.____.__.___.___.___.___.



式  辞(概要)

 卒業・修了された諸君、ご参列のご家族の皆様、卒業・修了を寿ぎ、お祝いの言葉を贈ります。

 中国に次のような意味の諺があるようです。
「多くやれば多く間違える。何もやらなければ何も間違えない」。
挑戦すれば成功も失敗もあります。しかし、挑戦しなければ物事は始まりません。失敗や挫折が嫌
なら、何もしなければいい。寝ていれば失敗も挫折もありません。しかし、これほど虚しい人生もない
でしょう。
悔し涙の向こうに、必ずうれし涙がある。それが人生です。新たなスタートに当たって、新たな人生に
挑戦して欲しいと願っています。

 三つのことを申し上げます。
第一は、諸君に贈った言葉『自分らしく生きる』についてです。
「世界の中でたった一人の自分、誰とも代ることのできない自分、だからこそ自分らしく生きよう。
試練には意味がある。それのりこえたときに、大きな人間になる。苦中に楽あり。進んで試練の道をめ
ざそう。それが過去のものとなったとき、新しい人生がひらける。だからこそ自分らしく生きよう」
 今、この世界に72億人を超える人々が住んでいます。誰一人として同じ人はいません。
たった一人の自分です。だからこそ大切な存在であり、生きて行く道も自分だけの道です。
どうか「自分らしさをもって、自分らしく生きて」欲しいのです。
 
 第二は、常に『才能と人格を磨く努力』を怠らないことです。
心掛けて欲しいのは、才能だけではダメですし、人格だけでもダメです。
「才能は孤独のうちに成り、人格は世の荒波によって成る」と識者は語っています。才能は、自分自身が
磨かねばなりません。人格は人と人との付き合いの中から磨かれ、組織や仲間に信頼される基本となる
ものです。人生は鏡のようなもの、自分が親切になれば人も親切になり、自分が薄情になれば人も薄情
になるものです。

 第三は、『志を持って生きる』ということです。
「志」とは、一度限りの人生において、自分のためだけではない、人のために、社会のためにこうしたいと
いう決意です。
 石切り職人の寓話があります。石を切っている職人にたずねました。
「あなたは何をしているのですか」その職人は答えました。
「見れば分かる。このいまいましい石と悪戦苦闘しているのさ」。
また、別の石切り職人に同じく尋ねました。その職人は答えました。
「人々の心の安らぎとなる素晴らしい教会をつくっているのです」。
「志」とは、後者の石きり職人の持っている崇高な決意でしょう。
 諸君が、自分の運を信じて、おおらかな気持ちで、しかし、一個一個の石を削り磨くように、まず、目の前
のことに情熱を傾けて、着実に歩んで行ってほしいのです。そうすれば、諸君は、必ず自らの高い志を見つ
け、それを見失うことはないでしょう。

 時間を見つけて、是非、北海道短期大学部に皆様の元気な顔を見せてください。本学部を人生のオアシス
として活用していただけると、こんなに幸せなことはありません。

    平成27年3月19日

國學院大學北海道短期大学部
学長 田  村   弘


__.___.__._.__._._.___.____.__.___.__.____.__.___.___.__.___.___.___.____.__.__.___.__.__.__.__.___.___.__._.__._._.___.____.__.___.__.____.__.___.___.___.___.


 夏井 豊さん(国文学科)、北嶌 みずほさん(総合教養学科)、谷井 真里亜さん(幼児・児童教育学科)、
滝元 大二朗さん(福祉専攻)が各学科を代表して田村学長より卒業・修了証書を拝受しました。
 続いて、学生や地域のために顕著な活動をしたとして大建 千浩さん(国文学科)ほかに学長賞が贈呈され
ました。
 卒業生を代表しての答辞は佐藤 香奈恵さん(国文学科)が述べました。

20150319 IMG_7481.JPG


IMG_3810.JPG


IMG_3822.JPG


式典終了後には、本学国文学科名誉教授である播摩 光壽による記念講演会「『ごきげんよう』と『さようなら』」
が行われました。
IMG_3838.JPG