最新ニュース
トップページ > 最新ニュース
+検索

+最近のエントリー
+アーカイブ
+カテゴリー

学科一覧

  • 国文学科
  • 総合教養学科
  • 幼児・児童教育学科 児童保育コース
  • 幼児・児童教育学科 福祉介護コース
  • 幼児・児童教育学科 児童教育コース
  • 専攻科福祉専攻

國學院大學北海道短期大学部携帯サイト

右のQRコード
から携帯サイト
へアクセス!

國學院大學北海道短期大学部

●入試広報室 入学係

〒073-0014
北海道滝川市文京町3丁目1-1
TEL.0125-23-4111
FAX.0125-23-5590

子育てサロン「ありす」平成26年5月の予定

14年04月28日(月) :

子育て中のお父さん・お母さん、お子さんのための広場です。他の父母との情報交換をしたり、
子育て友だちを作ったりする場としてご利用下さい。


開催日:平成26年5月16日(金)
時間:10時〜12時(時間内の出入りは自由です)
対象者:おおむね、0〜5歳未満の子どもとその家族
参加料:1家族 100円(保険料相当分)
あそびテーマ:パークゴルフ場で遊ぼう
       (おさんぽ・かけっこ等)
場所:國學院大學北海道短期大学部2階 プレイルーム
申込締切:開催日の前日15:00まで 先着30名


お申込・お問合せ:國學院大學北海道短期大学部コミュニティカレッジセンター
TEL 0125-23-4111(平日9:00〜17:00)

第33回入学式を挙行(学長式辞)

14年04月15日(火) :

 第33回入学式が、4月10日に行われた。
 今年度は国文学科63名、総合教養学科71名、幼児・児童教育学科51名の本科生
合計185名と、専攻科17名、総数202名が入学した。
 式典の中で、学長は次のように式辞を述べた。
  

__.___.__._.__._._.___.____.__.___.__.____.__.___.___.__.___.___.___.____.__.__.___.__.__.__.__.___.___.__._.__._._.___.____.__.___.__.____.__.___.___.


式  辞(概要)
 

 本科、及び専攻科学生諸君、入学おめでとう。
 数ある学校の中から、國學院大學の伝統を受け継ぎ、日本の心を大切にする本学
の理念と教育とに信頼をお寄せいただいたことに感謝申し上げます。
 

  建学の精神
 先ず、本学の母体である國學院大學について触れたいと思います。
 大学の名称の由来となった「国学」とは、古からの日本の文化や精神の固有性を
明らかにしようとする学問です。今日的には、「日本学」あるいは「日本文化学」と
言えると解説する学者もいます。
 國學院大學は、日本で最初にできた私立大学八校のうちの一校です。百三十年を
越える歴史は、多くの賢人たちがその伝統を守り育ててきたものです。
 創立された基本の考え方は、「日本人の本来の道、つまり、日本固有の優れた文化や
国民性を探求し、あらためて認識して、私たちが品格ある日本人として、我が国と、
広く世界の繁栄のために役立っていく日本を目指そう」、ということにあります。
「建学の精神」と言われています。
「日本とは何か」「日本の文化とは何か」を、学ぶことは、諸君が世界に羽ばたき、長い
人生を価値あるものとして生き抜く基本だと思います。
 この建学の精神を簡明に表現したのが校歌です。
 

 地域立短期大学の伝統
 北海道短期大学部は、國學院大學創立百周年の記念すべき年に、その建学の精神を
継承する初の短期大学として開学しました。現在、文部科学省が目指そうとしている地域
コミュニティの中核としての「地域立大学」は、本学にとっては開学当初からの姿です。
まさに地域と一体となった地域立短期大学の長い伝統を保ってきました。
 諸君も、地域の一員として、学業を中心としつつも地域への貢献を含めて実績と思い出を
この地に残して欲しいと願っています。
 

 三つの期待
 三つのことに期待を寄せています。
 第一は、「目の前の現実に精一杯頑張る」ということです。
 古典三大随筆の一つである『徒然草』の第百八十八段に、次の趣旨のことが書かれてい
ます。
「人生は長いからとのんびりして、目先のことにかまけて過ごすうちに、何も成就できずに
年老いてしまう。したがって、第一はこれだと定めて、そのひと事に全力を集中しなければ
いけない」。
 人の考えや行動というものは、七百年前も今もたいして変わらないものだと思います。
 学生時代はのんびりして、社会に出たら懸命に頑張ろうなんて思っていたら大間違いです。
人生は、現在の延長線上にあります。若し、諸君が、十年後、二十年後の自分の姿を見たけ
れば、現在の自分を見れば凡その見当がつくわけです。
 

 第二は、「新たな師と友人を大切に」して欲しいということです。
 人は、一人では生きて行けません。相寄って暮らし、互いに助け合い、支えあって生活する
ように宿命づけられています。自らの人生の中で困難に出会った時に、いかに克服して明るい
展望を拓けるのか。そのカギは、我が師にあり、我が友にあります。
 人生においては、求めないことを偶然得られることはありません。自ら求めて行くことが
大切です。そうすれば諸君は、必ず人生の師と生涯の友を得ることができるでしょう。
 

 第三に、本学は、「物事の本質を探究する場」だということです。
 高校までの学習と異なり、物事を深く掘り下げて、自分なりの考えを持つ。易しい道では
ないと思います。
 しかし、人間には、誰にも簡単にできることに喜びを感じない、苦しいことや難しいことに
面白さや尊さ、喜びを感ずる素晴らしい能力があります。
 自らの能力を信じて、好きなこと、夢中になれることを見つけて、そのことを天職として
生きていけるとすると、そんなに素晴らしい人生はありません。
 

 理想と希望を高く掲げて
 社会に出て問われることは、「あなたが一番情熱を傾けて頑張ったものは何か」ということです。
 私たちには、与えられた使命があります。諸君に与えられた使命、そのために理想と希望とを
高く掲げて、自らが定めた目標に向って、今この時こそ目指す道を着実に歩んで行きましょう。
 大学や短大は、これまでとは異なって自己責任が基本です。与えられた勉強を淡々とこなす
ところではありません。諸君が目指す道に必要な学問を自らが選択して学ぶ、つまり、諸君の
自立性が問われます。この点が、これまで慣れ親しんできた高等学校までの勉強と最も違う
ところです。
 

 國學院大學三年次に編入を目指す諸君は、常に目標を確認して励んでください。
國學院大學は難関大学の一つですから、簡単に編入できるわけではありません。先輩たちは
寝食を忘れるほどに勉強して、例年95%を超える編入率を達成してきたのです。
 就職する諸君には、残された時間が二年間あるわけではありません。二年生になると、もう
就活が始まります。専攻科の諸君も同様です。残された時間は少ない。砂時計の砂が落ちて
行くように時間は素早く過ぎ去って行きます。自分を見失わないことが大切です。
 

 大学を使いこなす
 しかし、心配しないでください。
 教職員誰もが親身に相談に応じますし、家主の皆様も「北海道のおやじ・おふくろ」として
良く相談に乗って下さっています。
 どうか短期大学部を積極的に使いこなしてください。本学で乗り切った自信は、諸君を
一回りも二回りも大きくして、人生に大きな財産と成って行くでしょう。
  

 寸暇を見つけて旅が出来ると最高です。本州とは明らかに異なる北海道の自然や文化は、
必ずや君たちの感性を磨き感銘を与えてくれるはずです。時には滝川市内や近隣の町々に
足を運んではいかがでしょうか。疲れを癒し知的興味をそそる数多くの出会いがあります。
 どうか、皆さんの学校を自分らしい人生のスタート台にして下さい。
 

__.___.__._.__._._.___.____.__.___.__.____.__.___.___.__.___.___.___.____.__.__.___.__.__.__.__.___.___.__._.__._._.___.____.__.___.__.____.__.___.___.


 総合教養学科の大橋 由佳さんが新入生を代表して誓詞を述べた。
 式典終了後には、本学国文学科長で教授の山寺 三知が「國學院での学び」というテーマで
記念講演会を行った。



IMG_8358-a.jpg


IMG_8346.JPG


IMG_8371.JPG

 記念講演会終了後は、学生ホールでウェルカムパーティー(カレーパーティー)が開催され、
早速できた友人と談笑しながらカレーを食べる新入生の姿が見られた。
IMG_8392.JPG


 学生玄関では、國學院グッズ販売や滝川産食品販売なども行われた。
IMG_8398-a.jpg


平成26年度入学式のご案内

14年04月04日(金) :

◆日時:平成26年4月10日(木)
 ・入学式式典:10:00より
 ・記念講演会:式典終了後
 ・講 演 者:本学国文学科長・教授  山寺三知
 ・演   題:「國學院での学び」
◆会場:國學院大學北海道短期大学部 体育館

子育てサロン「ありす」平成26年4月の予定

14年04月01日(火) :

子育て中のお父さん・お母さん、お子さんのための広場です。他の父母との情報交換をしたり、
子育て友だちを作ったりする場としてご利用下さい。


開催日:平成26年4月18日(金)
時間:10時〜12時(時間内の出入りは自由です)
対象者:おおむね、0〜5歳未満の子どもとその家族
参加料:1家族 100円(保険料相当分)
あそびテーマ:親子のふれあい遊び
場所:國學院大學北海道短期大学部2階 プレイルーム
申込締切:開催日の前日15:00まで 先着30名


お申込・お問合せ:國學院大學北海道短期大学部コミュニティカレッジセンター
TEL 0125-23-4111(平日9:00〜17:00)